HOME>トピックス>人によって進行速度や状態は大きく違いますし、対処方法も違いますが自分の状態を知ることは大切です

早い時期見つけることが大切です

視力検査

緑内障は今現在の状況では完治しないとされていますが、対応するポイントは定期検診をすることと、早期発見にあります。進行スピードも人それぞれで、病状もかなりの種類があり、一言で緑内障といってもバラエティーに富んでいる、といっても過言ではありません。最近では人間ドッグで見つかる場合も増えてきており、早期発見にとても役立っていますが、やはり知らずに症状が進んでから慌てて治療するという事にならないように注意する必要があります。

忘れないように日々の積み重ねが大切です

緑内障の治療としては、目薬が基本ですが、たいていの場合は目薬で眼圧を下がることが目的の治療となります。眼圧が上がることによって症状が進みますから、目薬で毎日ケアすることが大切ということですが、毎日点眼することを忘れないように注意することが大切です。

便利な機械が開発され、時間が節約できます

緑内障検査の器具も、昔と違い今は本当に便利な機会が開発されてきていますが、例としてはオーシーティー検査というものがあげられます。網膜の状態や視神経のありようを、画像や数値できっちりと把握できるため、今までは長い時間かけて医師が観察してきたものを、短時間で提示できる時代になっています。逆に言うと、oct検査ができる病院を探せると素晴らしい、ということになりますが、現在では大体どの病院でも完備されています。

広告募集中