HOME>オススメ情報>緑内障を早期発見するにはサインを見逃さない

緑内障の治療の方法

緑内障の治療は、点眼薬やレーザー治療、線維柱帯切除術などがあります。どの治療法も根気よく行うことが大事です。

こんな症状があるときは緑内障の可能性を疑いましょう

  • 視力の低下や目のかすみを感じる
  • 視界の一部分が見えにくくなった
  • 眼鏡をかけても小さな文字が読みづらい
  • 目の充血や乾きが気になり始めた
  • 物が歪んで見えるような気がする
  • 普段使っている眼鏡が合わなくなった
  • 陰影のはっきりしないものが見づらくなった
  • 暗い場所で物が見えにくくなった
  • 目が開けにくく疲れやすくなった
  • 物の遠近感がとりにくくなってきた

症状の発覚は眼圧検査から

看護師

緑内障は40代以上になると20人に1人はかかると言われている目の病気です。自覚症状は少なく、気がついたときには視野が欠けてしまい、最悪失明に至る怖い病気です。緑内障の症状の発見につながることが多いのは、眼圧の高さの異常が確認されたときです。眼圧が高いことを懸念した眼科医が、検査をすることで病気の発見につながることが多いです。眼圧が高くなると視神経に大きな負担がかかるため、目の病気が発見されやすい状況にあります。そのため、定期的に眼科に通って検査をしたりすることは症状の発見につながりやすいのでとても大切なことなのです。眼圧に異常が見られたときには、視野の検査や目の中の検査などを一通り受けることを推奨します。

治療方法は点眼

視力検査

代表的な治療方法は点眼による治療です。緑内障は眼圧が高くなると視神経に負担がかかったり、以上を起こしたりします。そこで、初期症状であれば点眼をすることで眼圧を正常値に保つことができる簡単な治療方法です。

視野の検査は半年ごとに

医者

緑内障が悪化すると、視野が欠ける症状が現れます。そのため、半年ごとに視野の検査を行って異常がないか確かめる必要があります。初期症状であれば点眼で抑えられますが、視野が欠ける症状が現れた場合は、レーザー治療が好ましいです。

広告募集中