緑内障とは

緑内障は神経系の期間に障害が起こり、視界が狭くなる病気です。治療が遅れると失明する危険性もあります。

緑内障の症状とそのときの対応

視力が急に落ちて見えにくくなりました

緑内障の症状としては視力が悪くなる、見えにくくなるというものがあります。眼科で検診を受けるのが良いでしょう。

人間ドックで眼圧が高いと言われましたが緑内障の可能性はありますか

緑内障は自覚症状がないことが多いため、眼科専門医で精密検査を受けるのが賢明です。

視界の一部分が黒く見えます

初期もしくは中期の緑内障の可能性があります。眼科専門医で精密検査を受け適切な処置を受けましょう。

眼圧を上げないためにはどうすればよいですか

ストレスや疲労は眼圧を上げる原因となるので、睡眠や栄養をしっかりと取り規則正しい生活を送るようにしましょう。

緑内障の家族がいますが遺伝しますか

緑内障は遺伝しませんが、40歳を過ぎると1年に1度は眼科検診を受けるのが良いでしょう。

注意が必要な目の病気です

女性

緑内障は視神経に障害が起こって視野が狭くなり、目が見えにくくなったり痛みなどの症状が出てきたりするような病気です。そしてこれは中高年に多いのですが初期の場合には自覚しにくいため、この年代では眼科で緑内障かどうかを診てもらうようにした方が良いでしょう。治療法としては、眼圧を下げることが大事なのでまず目薬を使いますが、それでも効果が出ない場合には手術を受けることになります。さらにこの病気では完治することはありませんが、見つかった場合には適切な治療を受けて症状の進行を遅らせることができます。また、緑内障は放置しておくと失明のおそれがあるので、その点でもこの病気のことや適切な病院の選び方などを考える人が多いようです。

治療の前に行うべきことがあります

医者と看護師

緑内障の治療を受けたい場合には病院に行って症状を伝え、適切な治療を受けられるようにすることが必要です。そしてその場合には視野の検査や房水の状態などを調べることになるので、目を清潔にしておくことや体調を良くすることなども大事と言えます。さらに他の病気で治療を受けていたり薬を飲んだりしている場合には、そのことも担当医にしっかりと伝えなくてはならないでしょう。また手術の場合には特に術後のケアも必要になるので、そのことも考えて信頼できる医師のいる病院を選んで手術を依頼することをお勧めします。

適切なところに申込みましょう

視力検査

なお診察の申込みとしてはメールや電話などを使えるところも多いので、そのような方法にしたり事前に相談してみたりすると申込みがしやすくなるはずです。また、手術としてはレーザーを使った「レーザー療法」や線維柱帯(房水が排出されるところ)の一部を取り除いて房水の道をつくるような「繊維柱帯切除術」などがあります。ですから特に緑内障の手術をするような場合には、どんな方法があるかということをしっかりと調べて、そのような手術を行うところを探して申込んだ方が良いでしょう。

広告募集中